どうしても時間が無い時とか、出先で送られて来たPDFを読む時、それとか、大抵のメーカーの製品マニュアルなどはPDFをあげているこれをiPhoneやiPad、iPod touchなどで開いて読める。
いちいちブラウザから開いて読み込むのは面倒。そして、読みたいところから開きたい。
その煩わしさから解放してくれるのはこの二つ。

https://itunes.apple.com/jp/app/downloads-lite-downloader/id349275540?mt=8

https://itunes.apple.com/jp/app/sidebooks/id409777225?mt=8

Hian Zin Jong「Downloads Lite – Downloader & Download Manager」

これでファイル自体をダウンロード。テキストやWordならアプリから開く事も編集も可能。

20130403-154220.jpg20130403-154309.jpg

設定からSafariのブックマークもインポート可能だし。面倒ならURLをコピペでも構わない。

出来る事は「パソコンの様にファイルをダウンロードできる」という事。

ダウンロードでは必ず名前をつけなくてもイイがつけた方が自分的には分かりやすいのでそうしている。

さあ、ダウンロードしたファイルをひらくには、次のものを使っている。

Tatsumi-system Co., Ltd.「SideBooks」

SideBooks。これがなかなか使い方は無視してる。主にPDFを開くのに使っている。かなりいいよ。勝手な評価ですが、しおりつけられるから。あとは、フォルダ別に振り分けもできたかな?

問題なく作業用と読み物用と依頼用に分けている。何を依頼されるかって?そこは、秘密です。個人的に頼まれる事もあります。

まあ、それは良しとして。
実際問題、マニュアルを読めるか?

20130403-155432.jpg20130403-155457.jpg20130403-155514.jpg20130403-155530.jpg20130403-155545.jpg

簡単に開いてダウンロードするまでファイル自体の重さと回線速度によりますが、そんなにもかかりませんでした。3Gでも問題なく作業が進められます。
ただ、無いものはダウンロードできない。それで焦る事もありますが…。

さあ、iPhoneの製品マニュアルを落としました。

読み込んでみようと思うのでここまで。
最近は、何かとWebに結構PDF化してあるものが多いためこの方法は多用します。

貯めすぎたら重いのでたまにはパソコンに転送します。

パソコン開けない時、本当に便利。メールや電話はいいとしても書類の確認やそのやり取りでPDFを読めるか読めないかは本当に大きいと思う。

もしも、メモや手書きができたら最高なんですがね。^_^

ま、そんな感じでAppleLIFEを送っております。

広告