おお、これは朗報ともいうべきでしょうか。

Woishin Journal

cat-it※2014年2月2日追記

crxmouseがトラッキング行為をしている情報が見つかったので、インストールは控えた方が良さそうです、詳細は「【注意】chromeのマウスジェスチャーcrxmouseがトラッキングしているらしい。」を御覧ください。

※追記終わり

GoogleChromeの拡張機能の紹介、Chromeの特徴はショートカットキーが若干特殊で「ブラウザの戻る」のキーは一般的な普通のブラウザーだと「backspace」キーなのですがChromeの場合は「Alt+左矢印」となっていてちょっとややこしい、寝パソして片手で入力している状態で同時押し系のショートカットは使いづらい。

ということで入力の手間を減らす便利な拡張がマウスジェスチャーって訳ですな。

LinuxとMacはマウスジェスチャーに恵まれていないの。

ところかChromeでLinuxやMacで使うのまともなマウスジェスチャーのアプリが無かった、Chromeの仕様でLinuxやMacの場合のジェスチャー時に右クリックをするとコンテキストメニューが先に立ち上がってしまう問題がありマウスジェスチャーが無反応になって使えない。

Gestures for Google Chrome™の作者もこれを理由にLinuxとMacは動作外としている。

また、現状Linux版やMac版では正常に動作しません。http://crbug.com/28226 などが解決しないとLinux, Macでの動作は難しい状況です

それで全くダメなのかと言うとそうでも無くてSmooth Gesuturesという拡張があって多くのブログなどで推されていた、理由は代替えの拡張がないから。

しかしこの拡張は機能は充実しているものの過去にトロイの木馬を仕込んだ前科があって、今も変な広告のインストールを誘導したりと開発者のスタンスが良くないのでレビュー見ると悪評も多いので筆者は入れてすぐ消した。

てな具合でマウスジェスチャーの無い暮らしをしばらく続けていたんだけど、無意味にGoogleウェブストアを検索していたら良さそうな拡張を発見!

CrxMouseは良さそうだ!

crm01

https://chrome.google.com/webstore/detail/jlgkpaicikihijadgifklkbpdajbkhjo

インストールし設定画面を開くと画像のようにオプション項目があるlinuxの場合は最初からチェックが入っていた。

このオプションを選択することで右シングルクリックの状態でジェスチャー、右ダブルクリックでコンテキストメニューを呼び出すようにしている。

crxm02

コピペ厨にとって右ダブルクリックはちょっと面倒なので設定を変える。

ブログとかで引用とか多用する人にとって右ダブルクリックはすごくストレスになったので設定をよく見ると、メニューのMouse Gesturesの所にジェスチャー用のボタン設定があった。

crm03

別のボタンを割り当てる手順

Fix LinuxMacのチェックを外す。

左のメニューのMouse Gesturesを選ぶと上の画像のようにMoreの部分に「Whitch Key for Mouse Gestures」の部分でRight mouse buttonをMiddle mouse buttonにしてやればホイールボタン(センターボタン)クリックでジェスチャーが発動するようになる。

この拡張は多機能で他にも色々設定があるんだけど、普通に使う分には特にいじる必要もないかな、良くできた拡張機能なのでLinuxやMacだけじゃなくWindows使いの人にも便利だと思います。

元の投稿を表示