これがあるからFedora派生のディストリビュージョンを使う人多いんでしょうね。

Jump2Fin4U

Introduction

元々はFedora17から fedupを使ってFedora19に更新したところから始まる。
caja(元Nautilus)でサムネイルが作成されても、次のリブートで消えるなどの様々な不具合があり、いろいろ面倒だったので、クリーンインストールを行う。

Fedora LiveCDだとGNOMEを標準で入れようとする。GNOME3以降がマジで嫌いなので、MATEだけを入れることにする。
http://fedoraproject.org/ja/get-fedora-options#formats から、Fedora 19 DVD 64ビット版をダウンロード&Burn。
インストール時にデスクトップ環境でMATEを選んでインストール。

マジで遅い。
まずplymouthがグラフィカルにならないし、lightdmが上がってログインしても、デスクトップが出るまで30秒以上かかる。
起動時のスプラッシュなど不要であるが、ログインマネジャは必要である。わざわざstartx(1)は打ちたくない。
しょうがないので、ログイン画面はGDMを利用することに。

引用が長いため、一度区切ります。
やっていることは、

  • ログインマネジャの変更
  • サービス停止
  • 追加のカーネルデバッグ情報出力を停止

元の投稿を表示 さらに445語