MATEはなかなかのお気に入りです。

Raspberry Life

Raspberry Pi(Raspbian)は処理能力の低いPCでも軽快に動作するように設計されたデスクトップ環境LXDEが標準で採用されていて、確かに動作は軽いのだがその分かなり切り詰められた感じがあって、慣れないとちょっと使い辛く感じる事もある。

LinuxはOSそのものとデスクトップ環境は分離しているので、もっとリッチなデスクトップに切り替える事も可能なのだが、Raspberry Piの処理能力はPCとして見れば二昔前程度のパフォーマンスしか無いため実用性に欠けてしまう。

Linux Mintディストリビューションの標準デスクトップ環境の一つとして採用されているMATE(マテ)はWindowsライクな外観と数多くのツールを持ち、比較的軽量らしいのでRaspberry Piで試してみる事にした。

RaspbianにMATEをインストールする為には、最初にパッケージ情報ファイル”/etc/apt/sources.list”にリポジトリ行を追加する必要がある。sources.listはroot権限でしか編集できないので、sudoを付けてテキストエディタを起動する。

nanoを使って編集する場合は

$ sudo nano /etc/apt/sources.list

と入力してファイルを開き

deb http://archive.raspbian.org/mate wheezy main

の行を追加して保存したら

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install mate-core mate-desktop-environment

を実行すれば良い。
インストールにはかなり時間がかかるので、余裕を見て行った方が良いだろう。

インストールが完了したら

$ sudo update-alternatives --config x-session-manager

を実行してデフォルトのウィンドウマネージャをMATEに切り替える。
恐らく最初は

There are 4 choices for the alternative x-session-manager (providing /usr/bin/x-session-manager).

  Selection    Path                      Priority   Status
————————————————————
* 0            /usr/bin/startlxde         50        auto mode
1            /usr/bin/lxsession         49        manual mode
2            /usr/bin/mate-session      30        manual mode
3            /usr/bin/openbox-session   40        manual mode
4            /usr/bin/startlxde         50        manual mode

Press enter to keep the current choice[*], or type selection number:

のように表示されるはずなので、mate-sessionの番号を入力して切り替えておく。
あとはstartxで起動するか、リモートデスクトップでログインすればMATEデスクトップ環境が表示されるはずだ。

デスクトップテーマを変更して、パネルの位置も調整してなるべくWindowsライクにするとこんな感じになる。LXDEよりはやや動作が重く感じるが、このデザインならLinuxに慣れていない人でも、多少は使いやすく感じるのでは無いだろうか?

Mate

元の投稿を表示