LuckyLeftです。いよいよ年の瀬。激動の年という

例えばこんな記事

WindowsXPがサポートを終了する。それでまた浮上する「like the linux desktop?」という話題ですが、最近は以前よりも本当にGUIが綺麗という他はないLinuxであることに気がつく。過去にこんな記事がありました。

最初の壁は日本語入力の設定.

本当に13年も経つ頃にはこのような状況にあることが誰予想できたのだろうか。

1.私も改めて納得する「日本語入力システム」ができたこと。 2.OfficeもMicrosoft以外にも使えるものがあるということ。 3.セキュリティソフトをさして必要としないこと。(*1)

このようなことが挙げられるがWebやメールなどは問題なく利用ができるので最近は問題は少ないにように感じるのです。

Linuxにしかない画面上の構造でページャーあるいはワークスペースというものがある。

Windowsでは三面鏡のように画面を並べることもしばしば行われるようだが、Linuxにはワークスペースと言われる仮想画面を多数用意することができるため、作業ごとにいろいろ切り分けて表示できる機能が備わっていることが挙げられる。

私も改めて気に入っている機能であることを述べておきたいと思います。

洗練されたテーマを持ち、フォントも綺麗になりWindows以上に綺麗なデザインが展開されていることとさらに無料のアプリケーションも豊富です。Androidがそうであるようにです。

ChromeOSもそのようであれば何も問題はなく、ことさらに興味を深く抱くものでもあると思えてなりません。更にLinuxの安全な利用方法などをしっかりと踏まえればもはやWindowsは一時的に利用をやめても良くなる気がしてなりません。

*1 Windowsユーザーに渡すデータは、手動でスキャンして安全なデータを渡すことはマナーとして必要である。

広告